Innokin iSubコイルのリビルド

YouTubeに動画上がってたりしますが画像で解説を。

まずピンセットなどでウィックを取り出す

P_20151112_162049 P_20151112_162232

 

ドライバーを画像のように挿し、ねじりながら外す

P_20151112_162348 P_20151112_162630

 

シリコンゴムに掛かっているコイルの足を外し

P_20151112_162457 P_20151112_162543

シリコンゴムとコイルを外す

P_20151112_162721 P_20151112_162816

なるべく太い棒などで内側からメッシュを押して外す。

(画像ではドライバーですが先の細いものだとメッシュが変形してしまうので注意)

P_20151112_162901 P_20151112_163025

 

コイルを通したらシリコンゴムへは片足だけ通しはめる

P_20151112_163608 P_20151112_163424 P_20151112_163520

 

下パーツもはめて元に戻したら抵抗値を確認

P_20151112_164702

 

 

ウィックを通して最終的なコイルの微調整

(ウィック量は自信ないのでスルーしてください^^;)

P_20151112_165038

 

メッシュをはめて完成!
P_20151112_165348

 

 

画像がピンボケだったり見づらいと思いますが質問があればわかる範囲で答えます

※リンクフリーです

 

11/14 追記

APEXで使用する場合はウィックホールの向きを正しい向きではめてください

向きを間違えると供給しません

↓正しい向き

isubcoil

  • まっさーさんにより動画ver


やっぱ動画のほうがわかりやすいよねー。ウィックの詰め方も勉強になりましたヽ(^o^)丿

 

関連

Innokin iSubコイルのリビルド(New ver coil)とRBAユニットの話

INNOKIN iSub RBAキット レビュー